So-net無料ブログ作成
日々のつれづれなること ブログトップ
前の1件 | -

チョコラテ [日々のつれづれなること]

去年訪れたメキシコ東部は、コーヒーよりもチョコラテの文化だ。しかし、メキシコ全体でどうなのかなよくわからない。
面白いもので、現地で美味しいと思って買ってきたのものを日本で調理してもなんだかおいしくない。
こんな失敗を懲りずにしている。チョコラテの原料カカオも買ったが、自宅であの美味しいチョコラテは再現できなかった。悔しいような、当たり前のような。重かったのになあ。

さておき、
メキシコで飲むチョコラテは美味しい。本当に美味しい。町のいたるところで、チョコラテが飲める。

カカオをシナモンなどと混ぜてチョコを作る現場も見ることができる。
カカオの量り売りも買うことができる。こんなにも砂糖が使われているのかと思うと、びっくりして引いてしまうところもあるけれど。

カカオとシナモンなど風味をつけるものを混ぜる

IMG_2048.JPG


IMG_2014.JPG


カカオの量り売り
IMG_2015.JPG



カカオの実を見ることができた。
私たちは、自分たちが普段食べているものがどのような形をしているのかを知らなかったりする。加工してしまって売られているものしか目にしないと特にそうで、どんなものからできているのか疑問すら持たないこともある。
カカオがどんな大きさなのか、中はどのようになっているのか、生の実はどんな味がするのか メキシコで教えてもらった! 通りかかりの露店でカカオの実を売っているお姉さんがいたので買ってみた。どんなふうに食べるのかと聞いたところ、しろいふわふわしたところを食べるのよ、と。種のところがカカオとして使われるのだが、生の状態では苦いため、あまり食べないほうがよいと教えてもらった。白いふわふわしたところはココナッツのようで美味しかった。

IMG_1561.JPG


IMG_1563.JPG


IMG_1564.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | - 日々のつれづれなること ブログトップ